HOME > VBA広場 > Excel VBA ビギナーズ > 第5回 個別精算書をマクロで作成する 2/5

第5回 個別精算書をマクロで作成する 2/5

第5回 個別精算書をマクロで作成する|

マクロの記録を開始する

サンプルファイル“精算書.xls”には、表示されている“メニュー”シートと非表示の“精算書”シートの2枚のシートが用意されています。まずは元となる“精算書”シートのコピーを作成するマクロを記録しましょう。
なお、マクロ記録を始めると、画面左下のステータスバーに“マクロの記録中”と表示され、表示されているときに行った操作がマクロに記録されます。マクロ記録を終了するまでに操作した内容は、誤って操作したことでも記録されてしまいますので注意が必要です。

新しいマクロを記録する

サンプルファイル“精算書.xls”を利用してマクロ記録を開始しましょう。

  1. [ツール]メニューの[マクロ]から[新しいマクロの記録]を選択し、[マクロの記録]ダイアログボックスを表示する。
    ▼図02-01 [マクロの記録]ダイアログボックスを表示
    マクロの記録]ダイアログボックスを表示

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーでなく、リボンを使用します。[マクロ]ボタンは[開発]タブ内に用意されています。

    ※ [開発]タブは既定では表示されていません。[開発]タブの表示方法はこちら

    ▼図02-02 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示
    図02-02 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示

    また、ステータスバーのボタンを使って表示することもできます。

    ▼図02-03 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示(2)
    図02-03 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示(2)
  2. [マクロ名]ボックスに「新精算書作成」と入力する。
  3. [説明]ボックスに「新しいシートに交通費精算書を作成する」と入力する。
    ※ マクロ名だけでは内容がわからなくなることもあるので、説明を入れておくと便利です。
  4. [OK]ボタンをクリックし、マクロ記録を開始する。
    ▼図02-04 [マクロの記録]ダイアログボックス
    図02-04 [マクロの記録]ダイアログボックス

元となるシートをコピーするマクロを記録する

画面左下のステータスバーに“マクロの記録中”と表示されているのを確認したら、まず非表示になっている“精算書”シートを表示し、コピーする手順を記録しましょう。(Excel2007ではステータスバーに“マクロの記録中”と表示されません)

  1. [書式]メニューの[シート]から[再表示]を選択し、[再表示]ダイアログボックスを表示する。
    ▼図02-05 非表示設定されているシートを表示
    図02-05 非表示設定されているシートを表示

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーでなく、リボンを使用します。[シートの再表示]コマンドは[ホーム]タブ内の[書式]内に用意されています。

    ▼図02-06 Excel2007での[再表示]ダイアログボックスの表示
    図02-06 Excel2007での[再表示]ダイアログボックスの表示

再表示させたいシートを選択します。“精算書.xls”ブックでは非表示になっているシートは“精算書”シートのみなので“精算書”しか表示されません。

  1. [再表示]ダイアログボックスの[表示するシート]一覧から[精算書]を選択する。
  2. [OK]ボタンをクリックする。
    ▼図02-07 表示させるシートを選択
    図02-07 表示させるシートを選択

非表示になっていた“精算書”シートが表示されました。

▼図02-08 “精算書”シートが再表示
図02-08 “精算書”シートが再表示
第5回 個別精算書をマクロで作成する|