HOME > VBA広場 > Excel VBA ビギナーズ > 第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く 1/4

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く 1/4

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5 

ブックを操作するその他の記述

最後にブックを操作するその他の記述を紹介します。

今回は、
  新しいブックを作成
  ブックに名前を付けて保存
  ブックを上書き保存
  ブックを閉じる
という一連の動作をマクロで記録してみましょう。

マクロ記録の開始

マクロ名を指定して、新しいマクロの記録を開始しましょう。

  1. [ツール]メニューの[マクロ]から[新しいマクロの記録]を選択する。
    ▼図05-01新しいマクロの記録
    図05-01新しいマクロの記録

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーでなく、リボンを使用します。[マクロ]ボタンは[開発]タブ内に用意されています。

    ※ [開発]タブは既定では表示されていません。[開発]タブの表示方法はこちら

    ▼図05-02 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示
    図05-02 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示

    また、ステータスバーのボタンを使って表示することもできます。

    ▼図05-03 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示(2)
    図05-03 Excel2007での[マクロの記録]ダイアログボックスの表示(2)
  2. [マクロ名]ボックスに「CreateBook」と入力する。
  3. [OK]ボタンをクリックする。
    ▼図05-04 マクロ名の設定
    図05-04 マクロ名の設定

4つの操作をマクロ記録する

上記の4つの操作を順番に行い、マクロに記録していきます。

  1. [標準]ツールバーから[新規作成]ボタンを選択する。
    ▼図05-05 ファイルを新規作成する操作をマクロ記録
    図05-05 ファイルを新規作成する操作をマクロ記録

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではツールバーではなく、[Office]ボタンを使用します。

    ▼図05-06 Excel2007でのファイルの新規作成
    図05-06 Excel2007でのファイルの新規作成
    ▼図05-07 Excel2007での[新しいブック]ダイアログボックス
    図05-07 Excel2007での[新しいブック]ダイアログボックス
  2. [ファイル]メニューから[名前を付けて保存]を選択する。
  3. [ファイル名]ボックスに「Samplebook」と入力する。
  4. 保存]ボタンをクリックする。
    ▼図05-08 名前を付けて保存する操作をマクロ記録
    図05-08 名前を付けて保存する操作をマクロ記録

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーではなく、[Office]ボタンを使用します。

    ▼図05-09 Excel2007での名前を付けて保存
    図05-09 Excel2007での名前を付けて保存
  5. [標準]ツールバーの[上書き保存]ボタンをクリックする。
    ▼図05-10 上書き保存する操作をマクロ記録
    図05-10 上書き保存する操作をマクロ記録

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではツールバーではなく、[クイックアクセス]ツールバーを使用します。

    ▼図05-11 Excel2007での上書き保存
    図05-11 Excel2007での上書き保存
  6. [ファイル]メニューから[閉じる]を選択する。
    ▼図05-12 ファイルを閉じる操作をマクロ記録
    図05-12 ファイルを閉じる操作をマクロ記録

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーではなく、[Office]ボタンを使用します。

    ▼図05-13 Excel2007でのファイルを閉じる
    図05-13 Excel2007でのファイルを閉じる
  7. [記録終了]ツールバーの[記録終了]ボタンをクリックする。
    ▼図05-14 マクロ記録終了
    図05-14 マクロ記録終了

    【Excel2007の場合】

    Excel2007では[記録終了]ツールバーは表示されません。[開発]タブが表示されている場合は、[開発]タブ内の[記録終了]ボタンを使用します。

    ▼図05-15 Excel2007での記録終了
    図05-15 Excel2007での記録終了

4つの操作の中身を確認

  1. [ツール]メニューの[マクロ]から[マクロ]を選択し、[マクロ]ダイアログボックスを表示する。
    ▼図05-16 [マクロ]ダイアログボックスの表示
    図05-16 [マクロ]ダイアログボックスの表示

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーではなく、リボンを使用します。[開発]タブが表示されている場合には、[マクロ]ボタンをクリックすると表示できます。

    ▼図05-17 Excel2007での[マクロ]ダイアログボックスの表示
    図05-17 Excel2007での[マクロ]ダイアログボックスの表示
  2. マクロの一覧から[CreateBook]を選択する。
  3. [編集]ボタンをクリックし、VBエディタを表示する。
    ▼図05-18 VBエディタの表示
    図05-18 VBエディタの表示

今回マクロ記録で作成されたコードについて簡単に説明すると、以下のようになります。

▼図05-19 マクロ記録で作成されたコード
図05-19 マクロ記録で作成されたコード

アの"Add"は新規に追加するという意味。今回はブックの新規作成を意味する。
イやウの"Save"は保存するという意味。イでは名前を付けて保存、ウでは上書き保存を意味する。
イには保存の操作以外にも"SampleBook"というファイル名やパスワード設定の有無など付属する情報も記載されている。
※ Excel2007の場合、既定のファイル形式をExcelブックにしていると拡張子は「.xlsx」になり、付随情報も異なります。
エの"Close"は閉じるという意味。今回はブックを閉じる動作を意味する。

今回は、第1回から第3回までの内容を復習しながら、マクロ記録で作成したコードを修正して、セルの内容と同じ名前のブックを開くように変更し、さらにブック操作関連のVBAについて触れました。冒頭でもお話しましたが、マクロ記録を何度も何度も行い、修正を試みることで、VBAのスキルは飛躍的に向上します。サンプルを何度も繰り返して、スキルアップしていきましょう!

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5