HOME > VBA広場 > Excel VBA ビギナーズ > 第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く 4/4

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く 4/4

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5 

マクロを実行するボタンの作成

作成した"OpenBook"マクロを、ボタンクリックで実行できるようにしましょう。[フォーム]ツールバーにあるボタンを使用します。ただし、Excel2007ではツールバーではなく[開発]タブを使用します。([開発]タブの表示方法はこちら

ボタンにマクロを登録する

  1. [表示]メニューの[ツールバー]から[フォーム]を選択し、[フォーム]ツールバーを表示する。
    ▼図04-01 [フォーム]ツールバーを表示
    図04-01 [フォーム]ツールバーを表示
  2. [フォーム]ツールバーの[ボタン]ボタンをクリックすると、マウスポインタが矢印から「+」になる。
  3. ボタンを貼り付けたい位置でクリックすると、ボタンが配置され、[マクロの登録]ダイアログボックスが表示される。
    図04-02 ボタンの作成
    図04-02 ボタンの作成

    【Excel2007の場合】

    Excel2007では、[開発]タブの[挿入]ボタンから[フォームコントロール]の[ボタン]ボタンを使用します。

    ▼図04-03 Excel2007でボタンを配置
    図04-03 Excel2007でボタンを配置
  4. [マクロの登録]ダイアログボックスの一覧から[OpenBook]を選択する。
  5. [OK]ボタンをクリックする。
    ▼図04-04 [マクロの登録]ダイアログボックス
    図04-04 [マクロの登録]ダイアログボックス

ボタン名を変更する

挿入したボタンは名前を変更できます。今回は「開く」に変更しましょう。

  1. ボタンが選択された状態でボタンの内部をクリックして「開く」と入力する。ボタン以外の部分をクリックすると確定される。
    ▼図04-05 ボタン名の変更
    図04-05 ボタン名の変更

これで任意の顧客番号に対応した販売履歴入力用ファイルを開くマクロが簡単に実行できます。実際にセルC4に顧客番号を入力し、試してみましょう!

次のページでは、ブックを操作するその他のマクロの記述を説明します。

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5 

第4回 セルの内容と同じ名前のブックを開く| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5