HOME > VBA広場 > Excel VBA ビギナーズ > 第1回 マクロを使っていつもの操作を自動実行 4/5

第1回 マクロを使っていつもの操作を自動実行 4/5

第1回 マクロを使っていつもの操作を自動実行| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5 

マクロで出力されたVBAコードを見る

マクロの記録が完了すると、VBエディタにその操作を出力します。これを使えば、プログラムの知識がなくても「VBAを使ったプログラムを作成できる」ということになります。

マクロのコードを見る

作成したマクロをVBエディタで見てみましょう。

  1. [ツール]メニューの[マクロ]から[マクロ]を選択し、[マクロ]ダイアログボックスを表示する。
    ▼図04-01 [マクロ]ダイアログボックスを表示
    図04-01 [マクロ]ダイアログボックスを表示

    【Excel2007の場合】

    Excel2007ではメニューバーでなく、リボンを使用します。[マクロ]ボタンは[表示]タブ内に用意されています。

    ▼図04-02 Excel2007での[マクロ]ダイアログボックスの表示
    図04-02 Excel2007での[マクロ]ダイアログボックスの表示
  2. [マクロ名]の一覧から「売上あり」を選択する。
  3. [編集]ボタンをクリックする。
    ▼図04-03 [マクロ]ダイアログボックス
    図04-03 [マクロ]ダイアログボックス

VBエディタが起動し、「売上あり」マクロのコードが表示されました。

▼図04-04 VBエディタ
図04-04 VBエディタ

リスト1は、「売上あり」マクロのコードです。[マクロの記録]ダイアログボックスで設定したマクロ名と説明文がコメントとして載っています。

▼ リスト1 「売上あり」マクロのコード
Sub 売上あり()
'
' 売上あり Macro
' マクロ記録日 : 2008/9/10  ユーザー名 : moug
'

'
    Range("A3").Select
    Selection.AutoFilter
    Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:=">0", Operator:=xlAnd

End Sub

次のページでは、マクロが保存されているブックを開く際に表示される警告メッセージについてご紹介します。

第1回 マクロを使っていつもの操作を自動実行| 1/5  2/5  3/5  4/5  5/5