HOME > 即効テクニック > Word一般 > その他 > 保存時に個人情報を削除する

即効テクニック

その他

保存時に個人情報を削除する

(Word 2002/2003)

●概要●
Wordには、ファイルの作成者や更新者、コメントや変更履歴に関連付けられている名前などの様々な個人情報が保存されています。そのため、他者に文書を渡す場合は注意が必要です。Wordでも、バージョンごとにセキュリティ機能が強化され、こういったプライバシーに関するオプションも追加されているので、これらのオプションを利用し、個人情報の保護に役立ててください。

●詳細●
  1. [ツール(T)]メニューから[オプション(O)…]を選択します。
  2. 表示された[オプション]ダイアログの[セキュリティ]タブをクリックします。
  3. [プライバシーオプション]の[保存時にファイルのプロパティから個人情報を削除する(R)]のチェックボックスをオンにして、[OK]ボタンをクリックします。
  4. 文書を保存すると、プロパティに含まれていた個人情報が削除されます。
●補足● この操作により個人情報が削除されると、コメントや変更履歴などに表示されていた名前は、「作成者」という文字に変更されます。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
保存時に個人情報を削除する 」を動画でチェック