HOME > 即効テクニック > Word一般 > ファイル操作 > タスクバーに表示されるアイコンを1つだけにする

即効テクニック

ファイル操作

タスクバーに表示されるアイコンを1つだけにする

(Word 2000/2002/2003/2007/2010)

Windowsのタスクバーには、開いているファイルと同じ数だけのアイコンが表示されるようになっていますが、たくさんのファイルを開いていると、タスクバーがアイコンで埋め尽くされてしまい、不便に感じることがあります。そこで、オプションの設定を変更し、複数のファイルを開いても、表示されるアイコンは1つだけにする方法を紹介します。

●詳細● <Word 2003までのバージョン>
  1. [ツール]メニューの[オプション]を選択
  2. [オプション]ダイアログボックスの[表示]タブをクリック
  3. [表示項目]にある[ウィンドウをタスクバーに表示する]チェックボックスをオフにする
  4. [OK]ボタンをクリック
  5. アクティブファイルのアイコンだけがタスクバーに表示され、他のファイルのアイコンが非表示になる
<Word 2007>
  1. [Office]ボタンをクリック
  2. [Wordのオプション]ボタンをクリック
  3. [Wordのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]をクリック
  4. [表示]にある[ウィンドウをタスクバーに表示する]チェックボックスをオフにする  ※2010は[すべてのウィンドウをタスクバーに表示する]
  5. [OK]ボタンをクリック
  6. アクティブファイルのアイコンだけがタスクバーに表示され、他のファイルのアイコンが非表示になる
●補足● 開いているウィンドウを切り替える方法は以下のとおりです。 <Word2003までのバージョン> [ウィンドウ]メニューをクリックし、アクティブにしたいファイルを選択 <Word2007・2010> [表示]タブの[ウィンドウの切り替え]をクリックし、アクティブにしたいファイルを選択