HOME > 即効テクニック > Word 一般 > ショートカット > コマンドにショートカットキーを割り当てる

コマンドにショートカットキーを割り当てる|Word 一般

ショートカット

コマンドにショートカットキーを割り当てる

(Word 2000/2002/2003/2007/2010/2013)

● 概要 ●

ショートカットキーは、すべてのコマンドに割り当てられているわけではありません。しかし、自分で割り当てることができるので、よく使うコマンドにショートカットキーが割り当てられていなかった場合は、自分で割り当てると便利です。

● 詳細 ●

  1. [Ctrl]+[Alt]+[+]キーを押します。※[+]キーはテンキーを使用します。
  2. マウスポインタがクローバーの形に変わるので、その状態のまま、ショートカットキーを割り当てたいコマンドを選択(クリック)します。ここでは、2007/2010/2013バージョンのWordで[段落]ダイアログボックスを表示するショートカットキーを割り当てる例で紹介します。
    <[ホーム]タブの[段落]グループのダイアログボックス起動ツールをクリック>
  3. [キーボードのユーザー設定]ダイアログが表示されるので、[コマンド]ボックスに、[FormatParagraph]と表示されていることを確認する。
  4. [割り当てるキーを押してください]ボックスにカーソルを置き、割り当てるショートカットキーを押す。
  5. [割り当てるキーを押してください]ボックスに指定したショートカットキーが表示されていることを確認し、[割り当て]ボタンをクリックする。
  6. 指定したショートカットキーが割り当てられ、[現在のキー]ボックスに表示されることを確認する。
  7. [閉じる]ボタンをクリックする。

● 補足 ●

設定したショートカットキーを削除したい場合は、上記1、2の操作で[キーボードのユーザー設定]ダイアログボックスを表示し、[現在のキー]ボックスの削除したいショートカットキーを選択し、[削除]ボタンをクリックします。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
コマンドにショートカットキーを割り当てる