HOME > 即効テクニック > Word一般 > ショートカット > 起動時に最後に編集した文書を開く

即効テクニック

ショートカット

起動時に最後に編集した文書を開く

(Word 2000/)
● 概要 ●
Wordを起動した際、通常は新規文書が開きますが、ショートカットのリンク先を変更すると、新規文書ではなく、最後に編集した文書を開くことができます。

● 詳細 ●
  1. デスクトップにあるWordのショートカットを右クリックして、[プロパティ(R)]を選択します。
  2. [ショートカット]タブの[リンク先(T):]に "C:\Program Files\Microsoft Office\Office\WINWORD.EXE"または "C:\Program Files\Microsoft Office\Office10\WINWORD.EXE"と表示されているので、〜\WINWORD.EXE"の後に /mFile1([/]の前に半角スペースが入ります)と入力し、[OK]ボタンをクリックします。
  3. これで、デスクトップにあるWordのショートカットをクリックすると、最後に編集した文書が開くようになります。
● 補足 ●新規文書用と最後に編集した文書用の2つのショートカットを作り、目的に応じて使い分けるのも便利です。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
起動時に最後に編集した文書を開く 」を動画でチェック