その他関連のテクニック

Word文書を開く

(Excel 2000/2002/2003)
●概要●

Word文書を開くには、Word.ApplicationオブジェクトのDocumentsコレクションのOpenメソッドを利用します。Openメソッドの引数に開きたい文書のパスを指定します。


 構文 オブジェクト.Open FileName

 設定項目    内容
 オブジェクト  Word.Applicationオブジェクト
 FileName    開く文書のパスを指定


次のサンプルは、Excelのブックと同じフォルダにある「Test.doc」ファイルを開きます。このとき、単に開くだけではなく、VisibleプロパティをTrueに指定してWordオブジェクトを表示しています。


●サンプル●

Sub Sample()
    Dim TempFileName As String
    TempFileName = ThisWorkbook.Path & Application.PathSeparator _ 
    & "Test.doc"
    
    With CreateObject("Word.Application")
        .Documents.Open TempFileName
        .Visible = True
    End With
End Sub