HOME > 即効テクニック > Excel VBA > その他関連のテクニック > Excelのタイトルバーの文字列を変更する

即効テクニック

その他関連のテクニック

Excelのタイトルバーの文字列を変更する

(Excel 97)
●詳細●
Excelのタイトルバーには、「Microsoft Excel - アクティブウィンドウ名」が表示されますが、これを変更することが可能です。
サンプルマクロでは、「MOUG - Office & VBA パーフェクトマスター」に変更します。

●準備●
標準モジュールに次のマクロを作成してください。

●サンプル●
Sub Sample()
    MsgBox "Excelのタイトルバーの文字列を変更します。"

    Application.Caption = "MOUG"
    ActiveWindow.Caption = "Office & VBA パーフェクトマスター"
    
    MsgBox "Excelのタイトルバーの文字列を変更しました。" _
           & Chr(13) & _
           "元に戻します。"
    
    Application.Caption = ""
    ActiveWindow.Caption = ActiveWorkbook.Name
           
End Sub
●補足説明●
  1. サンプルマクロを実行するには、[ツール(T)]メニューの[マクロ(M)]-[マクロ(M)]で、[マクロ]ダイアログボックスを表示して、[マクロ名(M)]に「Sample」を指定し、 [実行]ボタンをクリックしてください。 Excelのタイトルバーの文字列が変更されて元に戻る様子が確認できます。
  2. Excelのタイトルバーには、ApplicationオブジェクトのCaptionプロパティが表示されます。省略、またはEmpty値が設定されていると、このプロパティは「Microsoft Excel」という文字列を返します。 また、その後ろには、アクティブウィンドウの名前が表示されます。 サンプルマクロでは、ApplicationオブジェクトとWindowオブジェクトのCaptionプロパティに値を設定して、Excelのタイトルバーの文字列を変更しています。