HOME > 即効テクニック > Excel VBA > その他関連のテクニック > RefEditコントロールを使って選択したセル範囲のアドレスを取得する

即効テクニック

その他関連のテクニック

RefEditコントロールを使って選択したセル範囲のアドレスを取得する

(Excel 97)
RefEditコントロールは、選択したセル範囲のアドレスを表示します。
コマンドボタンがクリックされたら、そのアドレスを取得して、選択されたセルの列数と行数をメッセージボックスに表示する処理を行います。選択されたセル範囲が複数の場合にも対応しています。
フォームに、RefEdit「RefEdit1」とコマンドボタン「CommandButton1」を用意してください。
Private Sub CommandButton1_Click()
    Dim myRange   As Range
    Dim Hani      As String
    Dim myArea, i As Long

    Hani = RefEdit1.Text

    On Error GoTo ERROR

    Set myRange = Application.Range(Hani)

    myArea = myRange.Areas.Count

    If myArea <= 1 Then
        MsgBox "選択されているのは " & _
            myRange.Columns.Count & " 列で、" & _
            myRange.Rows.Count & "行あります。"
    Else
        For i = 1 To myArea
            MsgBox "セル範囲" & i & " で選択されているのは" & _
                myRange.Areas(i).Columns.Count & " 列で、" & _
                myRange.Areas(i).Rows.Count & "行あります。"
        Next i
    End If
    
    Exit Sub

ERROR:
    MsgBox "セルを選択して下さい。"
End Sub