即効テクニック

図形操作関連のテクニック

図形を選択する

(Excel 2000)
指定した図形を選択します。
●詳細●

  構文  Object.Select(Replace)


  設定項目              内容
  Object                Shape、ShapeRangeコレクションオブジェクト [省略不可]
  Replace               Falseで既に選択している図形に追加して、指定した図形
                        を選択できる[省略可能]


次のサンプル1は、アクティブシートでShapesコレクションオブジェクトのインデックス値が1番目の図形を選択し、追加して3番目の図形を選択しています。


●サンプル●

 Sub SelectSamp1()

     ActiveSheet.Shapes(1).Select                 '---1番目の図形を選択
     ActiveSheet.Shapes(3).Select Replace:=False  '---追加して3番目の図形を _
                                                      選択

 End Sub


なお、すべての図形を選択する場合には、SelectAllメソッドを使用します。


●サンプル2●

 Sub SelectSamp2()
     Dim myShRange As ShapeRange

     ActiveSheet.Shapes.SelectAll          '---全ての図形を選択
     Set myShRange = Selection.ShapeRange  '---選択図形範囲を変数に格納

 End Sub


すべての図形を選択後、選択した図形範囲を変数myShRangeに格納しています。
選択した図形への設定を一度の行う場合には、このようにして作成した、ShapeRangeコレクションオブジェクトに対して操作を行います。