HOME > 即効テクニック > Excel VBA > ページ設定関連のテクニック > ヘッダー/フッダーを設定する

即効テクニック

ページ設定関連のテクニック

ヘッダー/フッダーを設定する

(Excel 97/2000)

ヘッダー、フッター情報を設定します。ヘッダーとフッターの書式は、下の表のような書式コードを用いて設定します。

●詳細●

  構文  Object.CenterHeader     中央に配置するヘッダーの設定/取得
        Object.LeftHeader       左側に配置するヘッダーの設定/取得
        Object.RightHeader      右側に配置するヘッダーの設定/取得
        Object.CenterFooter     中央に配置するフッターの設定/取得
        Object.LeftFooter       左側に配置するフッターの設定/取得
        Object.RightFooter      右側に配置するフッターの設定/取得

  設定項目              内容
  Object                PageSetupオブジェクト [省略不可]

●ヘッダーとフッターで使用する書式コード表●

書式コード           内容
&L                   このコードに続く文字列を左詰めに配置する
&C                   このコードに続く文字列を中央揃えに配置する
&R                   このコードに続く文字列を右詰めに配置する
&E                   文字列を二重下線付きで印刷する
&X                   上付き文字を印刷する
&Y                   下付き文字を印刷する
&B                   文字列を太字で印刷する
&I                   文字列を斜体で印刷する
&U                   文字列を下線付きで印刷する
&S                   文字列を取り消し線付きで印刷する
&D                   現在の日付を印刷する
&T                   現在の時刻を印刷する
&F                   ファイルの名前を印刷する
&A                   シート見出し名を印刷する
&P                   ページ番号を印刷する
&P+<数値>            ページ番号に指定した<数値>を加えた値を印刷する
※後ろに数字が続く場合には半角スペースを入れて指定します
&P-<数値>            ページ番号から指定した<数値>を引いた値を印刷する
※後ろに数字が続く場合には半角スペースを入れて指定します
&&                   アンパサンド(&)を1つ印刷する
&"<フォント名>"      指定したフォントで文字を印刷する
&<数値>              指定したフォントサイズで文字を印刷する
※後ろに数字が続く場合には半角スペースを入れて指定します
&N                   ファイルのすべてのページ数を印刷する

●サンプル●
次のサンプルは、書式コードを使ってさまざまなヘッダーとフッターを設定します。

Sub HeaderAndFooterSamp1()

    With ActiveSheet.PageSetup
        .LeftHeader = ""         '---左側ヘッダー無し
        .CenterHeader = "&""MS Pゴシック,太字""&16&U&A"
        '---MS Pゴシック太字下線付きでシート名を指定
        .RightHeader = "&D&T"    '---日付と時刻
        .LeftFooter = ""         '---左側フッター無し
        .CenterFooter = "&P/&N"  '---ページ数/総ページ数
        .RightFooter = "&""MS Pゴシック,斜体""&F"
        '---MS Pゴシック斜体でファイル名を指定
    End With

End Sub