HOME > 即効テクニック > Excel VBA > ファイル操作関連のテクニック > 自分自身のブックのショートカットを作成する

即効テクニック

ファイル操作関連のテクニック

自分自身のブックのショートカットを作成する

(Excel 2000/2002/2003)
●概要●
WshShortcutオブジェクトのCreateShortcutメソッドを利用すると、ショートカットを作成することができます。

 構文 オブジェクト.CreateShortcut(パス)
 設定項目    内容
 オブジェクト  WshShellオブジェクト
 パス      作成するショートカットのフルパス

次のサンプルは、WshShellオブジェクトのSpecialFoldersプロパティを利用して、デスクトップのパスを取得し、それを元にCreateShortcutメソッドを利用して、ショートカットをデスクトップに作成します。その後TargetPathプロパティに、WorkbookオブジェクトのFullNameプロパティを利用して、自身のブックのフルパスを取得し設定します。
なお、このプロシージャを実行するには、Microsoft Script Host Obuject Modelへの参照設定が必要です。


●サンプル●

Sub MakeShortCutSample()
    Dim ShellObject As WshShell
    Dim ShortcutObject As WshShortcut
    Dim TempPath As String
    
    Set ShellObject = New WshShell
    
    TempPath = ShellObject.SpecialFolders("Desktop")
    Set ShortcutObject = ShellObject.CreateShortcut(TempPath & "\Test.lnk")
    
    With ShortcutObject
        .TargetPath = ThisWorkbook.FullName
        .Save
    End With
End Sub


●ポイント●
CreateShortcutメソッドを呼び出すだけでは、ショートカットは正しく作成されません。Saveメソッドと利用することで、正しく作成されるので、注意が必要です。