HOME > 即効テクニック > Excel VBA > ファイル操作関連のテクニック > Office Web ComponetをHTMLで使う - SpreadSheetコントロール

即効テクニック

ファイル操作関連のテクニック

Office Web ComponetをHTMLで使う - SpreadSheetコントロール

(Excel 2000)
サンプルではSpreadSheetコントロールをHTMLで使用し、ブラウザで表示します。
HTMLロード時にCSVURLプロパティーにテキストファイルを読み込み、”XLS形式で保存”ボタンで指定のファイル名でハードディスクにファイルを保存します。

※データの読み込みにはLoadText、ParseText、CSVData、HTMLURL、HTMLDataなど

(前提)1.コンマ区切りテキストファイル"C:\data.csv
    2.以下のHTMLソースをテキストファイルに貼り付け、
      拡張子”HTML”、”HTM”で保存、実行。
    3.インターネットエクスプローラ5.0(NetScapeは不可)

====HTMLソースここから↓====
<html>
<head>
<title>Spreadsheet Componet のテスト</title>
<script language="VBscript">
<!--
	Sub Exp()
	'XLS形式で保存ボタンにより実行
	On Error Resume Next'キャンセル等の対策
	Fname = Document.fm.tx.value
	Spreadsheet1.ActiveSheet.Export Fname,0
	End Sub

	Sub Inp()
	'ロード時に実行
	Spreadsheet1.CSVURL = "c:\data.csv"
	End Sub
-->
</script>
</head>

<!--ロード時にInpプロシージャを実行-->
<body onload="Inp"><center>

<object id=Spreadsheet1 
classid=CLSID:0002E510-0000-0000-C000-000000000046
 width=90% height=70%">

<!--
paramタグでプロパティーの指定。ここではツールバー、
タイトルバーの非表示を設定しています
-->

<param name="DisplayToolBar" value="False">
<param name="DisplayTitleBar" value="False">

</object></center>

<div align="right">
<form name="fm">
<table border="1">
	<tr>
		<td>エクスポート</td>
		<td><input type="button" value="xls形式で保存" onclick="Exp"></td>
	</tr>
	<tr>
		<td>保存先ファイル名(*.xls)</td>
		<td><input type = "text" name = "tx"></td>
	</tr>
</table></form></div>
</body>
</html>