即効テクニック

ファイル操作関連のテクニック

さまざまな種類のパスの取得

(Excel 97/2000)
サンプルではブックやエクセルのパスに加えて、エクセル、あるいはウィンドウズ上でのさまざまな特殊フォルダの絶対パスを取得し、メッセージボックスで確認します。
Sub GetPath()

    Dim Ret As String

    Ret = "Excelのパスは : " & Application.Path & vbCrLf

    Ret = Ret & "このブックのパスは : " & ThisWorkbook.Path _
        & vbCrLf

    Ret = Ret & "このブックのフルパスは : " & ThisWorkbook.FullName _
        & vbCrLf

    Ret = Ret & "アドイン(Libraryフォルダ)は : " & _
        Application.LibraryPath & vbCrLf

    Ret = Ret & "起動フォルダ(XLStartフォルダ)は : " & _
        Application.StartupPath & vbCrLf

    Ret = Ret & "起動時のカレントフォルダは : " & _
        Application.DefaultFilePath & vbCrLf

    Ret = Ret & "Windowsディレクトリは : " & Environ("windir") & vbCrLf

    Ret = Ret & "Tempディレクトリは : " & Environ("temp") & vbCrLf

    Ret = Ret & "カレントディレクトリは : " & CurDir

    MsgBox Ret

End Sub

※Excel2000のみ

    Ret = Ret & "自作のアドイン(Addinsフォルダ)は : " & _
        Application.UserLibraryPath & vbCrLf