HOME > 即効テクニック > Excel VBA > セル操作関連のテクニック > セル範囲を印刷する(PrintOutメソッド)

セル範囲を印刷する(PrintOutメソッド)|Excel VBA

セル操作関連のテクニック

セル範囲を印刷する(PrintOutメソッド)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

対象がセル範囲の場合、指定したセル範囲だけを印刷します。
対象のセル範囲に埋め込まれている図形なども一緒に印刷されます。
セル範囲が複数ある場合は、改ページの設定は無効になり、それぞれ別のページに印刷されます。
また、ページ設定で行タイトル/列タイトルを指定している場合は、その範囲も一緒に印刷されます。

構文  Object.PrintOut(From, To, Copies, Preview, ActivePrinter, 
                        PrintToFile, Collate, PrToFileName)
設定項目内容
Object Rangeオブジェクト
From 印刷を開始するページの指定。省略すると1ページから
To 印刷を終了するページの指定。省略すると最後のページまで
Copies印刷部数の指定。省略すると1部印刷
Preview印刷プレビュー実行(True)、プレビューなし(False:既定値)[省略可能]
ActivePrinterアクティブなプリンタ名を指定 [省略可能]
PrintToFileファイルに出力(True)、プリンタに出力(False:既定値)
[省略可能]
Collate部単位で印刷(True:既定値)、ページ単位で印刷(False)
[省略可能]
PrToFileNameファイルに出力する際のファイル名の指定[省略可能]

次のサンプルは、アクティブブックの各ワークシートのセル範囲A1〜F10だけを、プレビューせずに10部づつアクティブプリンターで印刷します。

Sub PrintOutSamp1()
   Dim ws As Worksheet
   For Each ws In Worksheets
       ws.Range("A1:F10").PrintOut Copies:=10
    Next ws
End Sub