HOME > 即効テクニック > Excel VBA > セル操作関連のテクニック > 選択範囲の下のセルにCount関数を一括入力する

選択範囲の下のセルにCount関数を一括入力する|Excel VBA

セル操作関連のテクニック

選択範囲の下のセルにCount関数を一括入力する

(Excel 97/2000/2002/2003/2007/2010)

VBAで数式を入力する際にはRnageオブジェクトのFormulaプロパティ、またはFomulaR1C1プロパティを使用します。

選択範囲内で値が入力されたセルの個数を数える方法を紹介します。
VBAでカウントした結果をセルに表示するだけでは、あとからデータが入力、消去された場合に対応できないため、VBAによる数式設定が役に立つこともあるでしょう。
ここでは、セルに数式としてCount関数を設定します。

以下のサンプルは1列、または複数列にわたるデータ範囲を選択した上で実行してください。
選択範囲の1つ下のセルにCount関数を入力します。
選択範囲が複数列(列全体を選択しないようにしてください)の場合には、数式を一括入力します。

Sub Sample()
    Dim myRange As Range
    Dim myLastRow As Long
    
    Set myRange = Selection
    myLastRow = myRange.Rows.Count
    
    myRange.Offset(myLastRow).Resize(1).FormulaR1C1 = _
        "=COUNT(R[-" & myLastRow & "]C:R[-1]C)"
End Sub