HOME > 即効テクニック > Excel VBA > セル操作関連のテクニック > ユーザフォーム上のマルチラインプロパティが真であるテキストボックスの値を特定の列に入力する

即効テクニック

セル操作関連のテクニック

ユーザフォーム上のマルチラインプロパティが真であるテキストボックスの値を特定の列に入力する

(Excel 97/2000)
サンプルマクロは、A列にマルチラインプロパティが真のテキストボックスの値を改行に合わせて行を変えて入力します。
ユーザフォームのコードウインドに記述して実行してください。
Sub Sample()

    Dim myStr As String
    Dim myRow As Long
    Dim i As Integer
    
    myStr = TextBox1.Value
    i = InStr(myStr, vbCrLf)
    While i > 0
        myRow = myRow + 1
        Cells(myRow, 1).Value = Left(myStr, i - 1)
        myStr = Mid(myStr, i + 2)
        i = InStr(myStr, vbCrLf)
    Wend
    Cells(myRow, 1).Offset(1).Value = myStr

End Sub