HOME > 即効テクニック > Excel VBA > セル操作関連のテクニック > アクティブセルを画面の左上端に表示する(ScrollRow/ScrollColumnプロパティ)

アクティブセルを画面の左上端に表示する(ScrollRow/ScrollColumnプロパティ)|Excel VBA

セル操作関連のテクニック

アクティブセルを画面の左上端に表示する(ScrollRow/ScrollColumnプロパティ)

(Excel 97/2000/2002/2003/2007/2010)

ScrollRowプロパティには、ウィンドウ枠内またはウィンドウ内で上端に表示される行の行番号を指定します。
ScrollColumnプロパティには、ウィンドウ枠内またはウィンドウ内で左端に表示される列の列番号を指定します。
次のサンプルマクロは、セルD6をアクティブにして画面の左上端に表示します。

Sub Sample()
    Range("D6").Select
    MsgBox "アクティブセルD6を画面左上端に表示します"
    
    With ActiveWindow
        .ScrollRow = ActiveCell.Row
        .ScrollColumn = ActiveCell.Column
    End With
End Sub

●補足●

指定したセルを左上端にするには、ApplicationオブジェクトのGotoメソッドで引数ScrollにTrueを指定する方法もあります。次のコードはセルD6を画面の左上端に表示します。

Application.Goto Reference:=Range("D6"), Scroll:=True