HOME > 即効テクニック > Excel VBA > セル操作関連のテクニック > ふりがなを別のセルに取り出す

即効テクニック

セル操作関連のテクニック

ふりがなを別のセルに取り出す

( - )
●詳細● 
サンプルでは、入力された漢字にふりがなを表示するよう書式設定をして、そのふりがなを別のセルに取り出します。 
まず、シート1のセルA1に「夏」と入力しておいてください。 
何も入力されていないと、「シート1のセルA1に「夏」と入力して確定してください。」とメッセージボックスが表示されます。 
シート1のセルB1に、セルA1のふりがな「なつ」が取り出されます。 
ふりがなの種類は、ひらがなに設定しています。 
●準備● 
  1. 新規ブックにサンプルマクロを貼り付けてください。
  2. シート1のセルA1に「夏」と入力して確定してください。
●サンプル●
Sub Sample() 

    Application.Worksheets(1).Activate 

    If Range("A1").Value = "" Then 
      MsgBox "シート1のセルA1に「夏」と入力して確定してください。" 
      Exit Sub 
    End If 

    '<セルA1にふりがな(ひらがな)の書式設定をします。> 
    With Range("A1").Phonetic '←(1) 
      .CharacterType = xlHiragana 
      .Visible = True 
    End With 

    '<セルB1にセルA1のふりがなを取り出します。> 
    Range("B1") = Range("A1").Phonetic.Text '←(2) 

End Sub 
●補足説明●
  • Phoneticオブジェクトは、セル範囲でのふりがなの書式設定を表します。 サンプルでは、CharacterTypeプロパティでふりがなの種類を「ひらがな」に設定していますが、Alignmentプロパティ(配置)、Fontプロパティなどの設定もできます。
  • Textプロパティで、ふりがなを取得して、セルB1に取り出しています。