HOME > 即効テクニック > Excel VBA > シート操作関連のテクニック > シートを削除する(Deleteメソッド)

即効テクニック

シート操作関連のテクニック

シートを削除する(Deleteメソッド)

(Excel 2000)
対象のシートを削除します。使用時には、次の2点に注意してください。

  1. 削除時には確認のメッセージが表示される
  2. すべてのシートを削除または非表示にすることができない
構文 Object.Delete 設定項目 内容 Object Worksheet, Chart,Worksheetsコレクションオブジェクト, Sheetsコレクションオブジェクト,Chartsコレクションオブジェクト 次のサンプルは使用していないワークシートをアクティブブックから削除します。
●サンプル●
Sub DeleteSamp1()

    Dim ws As Worksheet

    Application.DisplayAlerts = False    '---警告メッセージ非表示
    For Each ws In ActiveWorkbook.Worksheets
        If Application.WorksheetFunction.CountA(ws.UsedRange) = 0 Then  '---(1)
            ws.Delete   '---使用していないシートを削除
        End If
    Next ws
    Application.DisplayAlerts = True     '---警告メッセージ表示

End Sub
(1)の部分で、値が入力されていないワークシートを使用していないものと判断しています。
なお、表示中のワークシートの最後の1枚を削除しようとしたときにはエラーが発生します。