HOME > 即効テクニック > Excel VBA > > シートをアクティブにする(Activateメソッド)

シートをアクティブにする(Activateメソッド)|Excel VBA

シート関連のテクニック

シートをアクティブにする(Activateメソッド)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

アクティブブックにある1枚のシートをアクティブにします。
シート見出しをマウスでクリックして選択する動作と同じです。

構文 Object.Activate

設定項目内容
ObjectWorksheet,Chartオブジェクト

次のコードは1つめのワークシートをアクティブにします。

Worksheets(1).Activate

次のサンプルは、アクティブセルに入力された文字列を名前とするシートをアクティブにします。シートが存在しない場合は、その名前の新規シートをシートの末尾(一番右)に作成します。

Sub Sample()
    Dim shName As String
    
    On Error Resume Next
    shName = ActiveCell.Value
    If shName = vbNullString Then Exit Sub

    Sheets(shName).Activate
    If Err.Number <> 0 Then
        Err.Clear
        Sheets.Add(After:=Sheets(Sheets.Count)).Name = shName
    End If
End Sub