HOME > 即効テクニック > Excel VBA > ウィンドウ操作関連のテクニック > Excelの画面を非表示にする(Visibleプロパティ)

Excelの画面を非表示にする(Visibleプロパティ)|Excel VBA

ウィンドウ操作関連のテクニック

Excelの画面を非表示にする(Visibleプロパティ)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

Excel VBAを利用してアプリケーションを作成し、インターフェースにユーザーフォームを使用する場合、Excelの画面を非表示にしたいことがあります。
Excelの画面を非表示にすることで、ユーザーは、ユーザーフォームに注目することが出来ます。Excelの画面の表示/非表示を切り替えるには、ApplicationオブジェクトのVisibleプロパティを使用します。

構文 Application.Visible = 設定値
設定項目内容
設定値True(表示) / False(非表示)

次のサンプルは、UserFormのInitializeイベントでExcelの画面を非表示にします。

●サンプル1●

Private Sub UserForm_Initialize()
    MsgBox "Excelの画面を非表示にします"
    Application.Visible = False
End Sub

Excelの画面を非表示にした状態でユーザーフォームを閉じてしまうと、Excelが非表示のまま残ってしまいます。そこで、UserFormのTerminateイベントに次のコードを記述して、ユーザーフォームが閉じる時にExcelの画面を表示するようにしておきます。

●サンプル2●

Private Sub UserForm_Terminate()
    MsgBox "Excelの画面を表示します"
    Application.Visible = True
End Sub