即効テクニック

ウィンドウ操作関連のテクニック

ウィンドウの状態を設定する

(Excel 2000)
ウィンドウの状態を最大化、最小化、通常表示のいずれかに設定します。設定に使用する値はそれぞれ、xlMaximized、xlMinimized、xlNormalとなります。
対象をApplicationとした場合にはExcelのウィンドウが対象になり、Windowオブジェクトを対象とした場合にはドキュメントウィンドウが対象となります。

構文  Object.WindowState     設定/取得
設定項目        内容
 Object          Application,Windowオブジェクト [省略不可]

次のサンプルは全てのウィンドウを最小表示にした後、アイコンを整列します。
●サンプル●
Sub WindowStateSamp1()
    Dim w As Window
    
    For Each w In Windows
        w.WindowState = xlMinimized    '---(1)最小表示にします
    Next w
    Windows.Arrange ArrangeStyle:=5    '---(2)アイコンを整列します
End Sub
(1)のステートメントでウィンドウを最小表示にし、(2)のステートメントでアイコンを整列しています。Arrangeメソッドで引数ArrangeStyleに5を指定するとアイコンを整列できますが、これは全てのウィンドウが最小表示されているときにのみ実行可能です。

●注意●
EnableResizeプロパティにFalseが設定されている場合には、WindowStateプロパティの値を設定することはできません。