月の最終日を求める|Excel 一般

便利機能とその他の設定関連のテクニック

月の最終日を求める

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

EOMONTH関数を使い、月の最終日を求める方法を紹介します。
請求書の発行日から、翌月や翌々月の最終日を求めたい場合に利用すると便利です。

●詳細●

EOMONTH関数は、開始日から指定された月数分前または後の月の最終日を求める関数です。

書式:EOMONTH(開始日,月)

「開始日」の前月の最終日を求めたい場合は「月」に -1 、翌月の最終日を求めたい場合は「月」に 1 を指定します。 また、TODAY関数をネストして「=EOMONTH(TODAY(),0)」で、当月末の日付を求めることができます。

【例】セルE3「発行日」の日付データを利用し、セルB9「支払期限」に翌月末の日付を求めます。
  1. セルB9「支払期限」を選択します
  2. 選択したセルに以下のように入力します。
        =EOMONTH(E3,1)
  3. シリアル値「41121」が表示されます。
  4. [セルの書式設定]で、表示形式を日付に変更します。

●補足●

《Excel 2003以前のバージョン》
EOMONTH関数を使用する場合は、独自のコマンドや機能を追加する追加プログラム(アドイン)をインストールする必要があります。

【分析ツールをインストール】
  1. [ツール(T)]メニューの[アドイン(I)...]をクリックします。
  2. [アドイン]ダイアログボックスの[分析ツール]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックします。
  3. その後は必要に応じ、セットアッププログラムで表示される手順に従って操作してください。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
月の最終日を求める