HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 数式と関数関連のテクニック > 文字列内の全角数字を半角数字に変換する(ASC関数)

文字列内の全角数字を半角数字に変換する(ASC関数)|Excel 一般

数式と関数関連のテクニック

文字列内の全角数字を半角数字に変換する(ASC関数)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

複数の人が作成した住所録データなどを集めると、入力方法の違いにより全角数字と半角数字が混ざってしまうことがあります。 今回は、文字列内の全角英数カナ文字を半角英数カナ文字に変換するASC関数を使い、文字列に含まれる数字を半角に統一する方法を紹介します。

●詳細●

  1. 変換後のデータを表示したいセルを選択しASC関数を入力します。
    【ASC関数の書式】
     =ASC(文字列)
  2. 文字列に含まれる英数字が半角で表示されます。
    【例】セルE1に含まれる全角英数字を半角に変換する数式を、セルF1に入力する

●補足●

  • ASC関数は、文字列内の全角英数カナ文字を変換する関数のため、文字列に全角アルファベットや全角カナ文字が含まれていた場合は半角に変換されます。
  • 半角にしたデータを、数式ではなく文字列として保持しておきたい場合は、[コピー]と[形式を選択して貼り付け]−[値]でデータを変換しておきましょう。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
文字列内の全角数字を半角数字に変換する