HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 数式と関数関連のテクニック > 指定期間の年月数を求め○年○ヶ月と表示する

指定期間の年月数を求め○年○ヶ月と表示する|Excel 一般

数式と関数関連のテクニック

指定期間の年月数を求め○年○ヶ月と表示する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

DATEDIF関数を使い、指定した2つの日付の期間の年数と月数を求め、更に、○年○ヶ月と表示させる方法を紹介します。
年数だけでなく、1年に満たない月数も同時に求めたいとき、年数と月数をひとつのセルにわかりやすく表示させることができるので、大変便利です。

●詳細●

  1. 年月数を求めたいセルを選択します。
  2. 選択したセルに、
    =DATEDIF(開始年月日,終了年月日,"Y")&"年"
    &DATEDIF(開始年月日,終了年月日,"YM")&"ヶ月"
    と入力します。

    (例)入社日から本日までの年月を求めて○年○ヶ月と表示する
    セルE2に以下の式が入ります。
    =DATEDIF(D2,TODAY(),"Y")&"年"&DATEDIF(D2,TODAY(),"YM")&"ヶ月"


●補足●

DATEDIF関数は、[関数の挿入]や[関数の貼り付け]ダイアログの関数名一覧には表示されない関数のため、利用する際は直接数式バーに入力してください。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
指定期間の年月数を求め○年○ヶ月と表示する