HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 数式と関数関連のテクニック > 指定した文字列が含まれるかどうかを判断する

指定した文字列が含まれるかどうかを判断する|Excel 一般

数式と関数関連のテクニック

指定した文字列が含まれるかどうかを判断する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

数値の場合、指定した条件を満たすかどうかはIF関数だけで簡単に求めることができますが、文字列の場合、「○○という文字列を含む場合は〜」といったようなあいまいな条件指定がIF関数だけではできません。これは、条件の指定にワイルドカードを使えないからなのですが、COUNTIF関数を組み合わせることにより、あいまいな条件指定が可能になります。

●詳細●

  1. 結果を表示するセルを選択します。
  2. 選択したセルに、数式 =IF(COUNTIF(範囲,条件),真の場合,偽の場合) を入力します。 (例)セルA1に「Excel」という文字列が含まれている場合は「○」を表示し、そうでない場合は空白にする場合、 =IF(COUNTIF(A1,"*Excel*"),"○","") と入力。
  3. 数式を入力したセルに判断結果が表示されます。

●補足●

文字列の全角半角、大文字小文字も区別されるため、条件を指定するときは注意してください。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
指定した文字列が含まれるかどうかを判断する