HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 数式と関数関連のテクニック > 指定した範囲内の整数をランダムに抽出する(RANDBETWEEN関数)

指定した範囲内の整数をランダムに抽出する(RANDBETWEEN関数)|Excel 一般

数式と関数関連のテクニック

指定した範囲内の整数をランダムに抽出する(RANDBETWEEN関数)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

RANDBETWEEN関数を使い、指定した範囲内の整数をランダムに抽出する方法を紹介します。

●詳細●

【関数の書式】

=RANDBETWEEN(最小値,最大値)
※「最小値」と「最大値」には整数を指定します。

(例)1から1000の間でランダムな整数を求めたい場合

  1. ランダムな整数を表示したいセルを選択します。
  2. 選択したセルに、数式「=RANDBETWEEN(1,1000)」を入力します。
  3. 手順(3)のセルをコピーすることで、必要な数だけランダムな数値を求めることができます。

●補足●

  • Excel 2003以前のバージョンで、RANDBETWEEN関数を入力して#NAME?エラーが表示される場合には、分析ツールアドインを組み込む必要があります。
    【分析ツールアドインの組み込み方法】
    1. [ツール(T)]メニューの[アドイン(I)...]をクリックする。
    2. [アドイン]ダイアログボックスの[分析ツール]にチェックを入れて[OK]ボタンをクリックする。
    3. 必要に応じ、セットアッププログラムで表示される手順に従って操作する。
  • この関数は各セルにおいて最小値〜最大値でランダムに抽出しているため、指定した範囲内で同じ数値が抽出される場合もあります。
  • この関数により求められた数値は、ワークシートが再計算されるたびに変更されます。
  • 関連する関数:RAND関数
    RAND関数は0以上1未満の数値をランダムに抽出できます。
    (例)=RAND()
    ※RAND関数には引数は必要ありません

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
指定した範囲内の数値をランダムに抽出する