HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 数式と関数関連のテクニック > 文字列の日付をシリアル値に変換する

文字列の日付をシリアル値に変換する|Excel 一般

数式と関数関連のテクニック

文字列の日付をシリアル値に変換する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

文字列で表記された日付をシリアル値に変換するには、DATEVALUE関数を使用します。
文字列からシリアル値に変換すると、日付の計算が可能になります。また、表示形式も変更できます。

●詳細●

書式:=DATEVALUE(日付文字列)
Excelの標準では、1900年1月1日〜9999年12月31日の範囲にある日付を表す文字列を指定します。

  • 上図のセルA2〜A8まで入力されているような文字列であれば、シリアル値に変換することが可能です。
  • A9のように、年月日を特定できない文字列の場合には、#VALUE!エラー値を返します。
  • セルA5のように、年を特定できない文字列の場合には、処理を行った年の月日になります。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
文字列の日付をシリアル値に変換する