HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 数式と関数関連のテクニック > VLOOKUP関数で#N/Aエラーを表示させない方法 (IIFERROR関数など)

VLOOKUP関数で#N/Aエラーを表示させない方法 (IIFERROR関数など)|Excel 一般

数式と関数関連のテクニック

VLOOKUP関数で#N/Aエラーを表示させない方法 (IIFERROR関数など)

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

● 概要●

VLOOKUP関数を使用して完全に一致するデータを検索した場合、falseが返ると#N/Aエラーが表示されます。そこで、Excel 2007以降追加されたIFERROR関数を使用して#N/Aエラーを表示させない方法を紹介します。Excel2003以前のバージョンでは関数とISNA関数/ISERROR関数を用います。

● 詳細 ●

以下の方法で#N/Aエラーを表示させずに、セルを空白にできます。

《Excel2007/2010/2013/2016バージョン》
  1. VLOOKUP関数を入力したセルを選択する
  2. 入力済みの数式に、IFERROR関数を追加します
    =IFERROR(VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,FALSE),"")
《Excel2000/2002/2003のバージョン》
  1. VLOOKUP関数を入力したセルを選択する
  2. 入力済みの数式にIF関数とISNA関数を追加します
    =IF(ISNA(VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,FALSE)),"",VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,FALSE))

※ISERROR関数を利用する場合は、2.の式の ISNA を ISERROR に置き換えて下さい。

● 補足 ●

関数を、[関数の挿入]をクリック−ダイアログボックスの[関数の分類]という手順で入力するときは[関数の分類]からは以下の項目を選択します。

ISNA関数、ISERROR関数→【情報関数】を選択
IFERROR関数→【論理関数】を選択

※IF関数とISNA関数(またはISERROR関数)を使用してExcel2007以降においても#N/Aエラーを表示させないことが可能です。

※IFERROR関数は数式がエラーとなる場合に指定の値を表示するので
=IFERROR(VLOOKUP(検索値,範囲,列番号,FALSE),"")
部分に特定の「該当なし」などの文字列を入れるとセルに表示させることができます。