HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 図形関連のテクニック > 図やグラフの表示・非表示を切り替える

図やグラフの表示・非表示を切り替える|Excel 一般

図形関連のテクニック

図やグラフの表示・非表示を切り替える

(Excel 2002/2003/2007/2010/2013)

●概要●

Excelにはオブジェクト(図やグラフ)の表示・非表示を切り替える機能があります。
もし突然、ワークシートから図やグラフが消えたり、挿入できなくなったりした場合には「オブジェクトの非表示」になっている可能性があります。
切替方法について確認しておきましょう。

●詳細●

《Excel 2007、2010、2013バージョン》
  1. [ファイル]タブ(2007バージョンは[Officeボタン])−[オプション](2007バージョンは[Excelのオプション(I)])を選択する
  2. [Excelのオプション]ダイアログボックスの[詳細設定]を選択する
  3. [次のブックで作業するときの表示設定(B)]−[オブジェクトの表示]で「すべて(A)」または「なし(D)」オプションボタンを選択して切り替える
《Excel 2003以前のバージョン》
  1. [ツール]メニュー−[オプション(O)...]を選択する
  2. [オプション]ダイアログボックス−[表示]タブを選択する
  3. [オブジェクト]で「すべて表示」「位置のみ表示」「すべて非表示」オプションボタンを選択して切り替える

●補足●

オブジェクトの表示・非表示を切り替えるショートカットキーもあります。
[ctrl]+[6]キー
※テンキーの[6]キーは使用できません。