HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 図形関連のテクニック > テキストボックスにセルの内容を表示する

テキストボックスにセルの内容を表示する|Excel 一般

図形関連のテクニック

テキストボックスにセルの内容を表示する

(Excel 2003/2007/2010/2013)

●概要●

テキストボックスなどの図形にセルの参照式を入力すると、指定したセルのデータがテキストボックスのテキストとして表示されます。
変更される可能性のあるセルのデータをテキストボックスにも表示したい…といったときに便利です。
今回は、テキストボックスとセルをリンクさせて、セルのデータをテキストボックスに表示する方法を紹介します。

●詳細●

《Excel 2007・2010・2013バージョン》

  1. [挿入]タブの[図形]から[テキストボックス]をクリック

《Excel 2003以前のバージョン》

  1. [図形描画]ツールバーで[テキストボックス]をクリック

《全バージョン共通》

  1. シートの任意の位置をドラッグしてテキストボックスを追加
  2. テキストボックスを選択した状態で、数式バーをクリック
  3. 「=」を入力
  4. データが入力されているセルをクリック
  5. [Enter]キーを押す

●補足●

テキストボックスに表示されたデータは、フォントや配置を変更できます。
参照元のセルのデータを変更すると、テキストボックスの内容も自動的に変更されます。
セルを削除すると、数式バーに「=#REF!」と表示されます。テキストボックスには削除前のデータが表示されたままとなり、データの変更ができなくなります。セルの削除後にテキストボックスのデータを変更する場合は、テキストボックスを選択した状態で、数式バーの「=#REF!」を削除してください。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
テキストボックスにセルの内容を表示する