HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 書式設定と印刷関連のテクニック > 数式が入力されたセルを保護する

即効テクニック

書式設定と印刷関連のテクニック

数式が入力されたセルを保護する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

シートにデータを入力する際、あらかじめ入力されていた数式を知らぬ間に変更していたり、クリアされたりしたことはありませんか。 今回は、数式が入力されたセルを保護する方法を紹介します。

●詳細●
  1. [Ctrl]+[A]キーを押して、シート全体のセルを選択
  2. [ホーム]タブの[書式]を選択し、[セルの書式設定]を選択 (2003以前のバージョンでは、[書式]メニューから[セル]を選択)
  3. [セルの書式設定]ダイアログボックスの[保護]タブを選択
  4. [ロック]チェックボックスをオフにし、[OK]ボタンをクリック
  5. [ホーム]タブの[検索と選択]を選択し、[条件を選択してジャンプ]を選択 (2003以前のバージョンでは、[編集]メニューから[ジャンプ]を選択し、[選択オプション]ボタンをクリック)
  6. [選択オプション]ダイアログボックスの[数式]を選択し、[OK]ボタンをクリック
  7. 数式が入力されているセルが選択された状態で、再度[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示
  8. [ロック]チェックボックスをオンにし、[OK]ボタンをクリック
  9. [校閲]タブの[シートの保護]を選択し、[シートの保護]ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリック(2003以前のバージョンでは、[ツール]メニューの[保護]から[シートの保護]を選択)
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
数式が入力されたセルを保護する 」を動画でチェック