HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 書式設定と印刷関連のテクニック > 名前ボックスを使って印刷範囲を設定する

即効テクニック

書式設定と印刷関連のテクニック

名前ボックスを使って印刷範囲を設定する

(Excel 2010/2013/2016)
●概要●
数式バーにある[名前ボックス]でセル範囲に名前を定義し、印刷範囲を設定する方法を紹介します。[ファイル]メニューから印刷範囲を設定する方法もありますが、この方法もとても簡単で便利なので、是非、ご活用ください。

●詳細●
  1. 印刷範囲を設定したいセル範囲を選択します。
  2. 数式バーにある[名前]ボックスに、「Print_Area」と入力します。 ※入力時には、「」を除いて入力してください。
  3. これで、手順(1)で選択していたセル範囲が印刷範囲として設定されます。
●補足● 既に印刷範囲が設定されていた場合、[名前]ボックスに「Print_Area」と入力すると、ジャンプ機能が働き、印刷範囲が設定されているセル範囲にジャンプしてしまいます。そのため、印刷範囲が既に設定されているワークシートでは、[ファイル]メニューから印刷範囲を設定してください。
aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
名前ボックスを使って印刷範囲を設定する 」を動画でチェック