HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > 書式設定と印刷関連のテクニック > セルのエラーを空白にして印刷する

セルのエラーを空白にして印刷する|Excel 一般

書式設定と印刷関連のテクニック

セルのエラーを空白にして印刷する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

●概要●

Excelには[#NULL!]、[#DIV/0!]、[#VALUE!]、[#N/A]など8種類のエラー値があり、セルに入力した関数や数式に誤りがあると表示されます。これらのエラー値を印刷時に表示されないように設定する方法を紹介します。

●詳細●

《Excel 2003以前のバージョン》

  1. [ファイル]メニューをクリック
  2. [ページ設定]をクリック

《Excel 2007、2010バージョン》

  1. [ページ レイアウト]タブをクリック
  2. [ページ設定]グループの[ダイアログ ボックス起動ツール]アイコンをクリック

《全バージョン共通》

  1. 3. [ページ設定]ダイアログボックスの[シート]タブをクリック
  2. 4. [セルのエラー]ドロップダウンリストで[空白]を選択
  3. 5. [OK]ボタンをクリックし、[ページ設定]ダイアログボックスを閉じる

●補足●

手順(4)で[--]を選択すると、エラー値は[--]に置き換えられます。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
セルのエラーを空白にして印刷する