HOME > 即効テクニック > > > 条件付き書式で条件に数式を設定する

条件付き書式で条件に数式を設定する|Excel 一般

書式設定と印刷関連のテクニック

条件付き書式で条件に数式を設定する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

条件付き書式を使えば、指定した条件に合うセルに書式を設定できます。
条件には数式を使用することもできます。

●詳細●

例:セルD4からD10までの平均値以上の場合に書式を設定したいい

《Excel 2007、2010、2013、2016バージョン》
  1. 条件付き書式を設定したいセル範囲を選択する
  2. [ホーム]タブから[条件付き書式]−[新しいルール]を選択する
  3. [新しい書式ルール]ダイアログボックスで[数式を使用して、書式設定するセルを決定]を選択する
  4. [次の数式を満たす場合に値を書式設定]ボックスに数式「=AVERAGE($D$4:$D$10)<=D4」を入力する
  5. [書式]ボタンをクリックし、条件に合うセルに設定したい書式を指定する
  6. [新しい書式ルール]ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックする
《Excel 2003以前のバージョン》
  1. 条件付き書式を設定したいセル範囲を選択する
  2. [書式]メニューから[条件付き書式]を選択する
  3. [条件付き書式の設定]ダイアログボックスで[条件]に[数式が]を選択する
  4. [右側]のボックスに条件式を作成する
  5. [書式]ボタンをクリックし、条件に合うセルに設定したい書式を指定する
  6. [条件付き書式の設定]ダイアログボックスの[OK]ボタンをクリックする

●補足●

数式を作成する際、セル範囲をドラッグすると既定では絶対参照で指定されますので、必要に応じて参照形式を変更します。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
条件付き書式で条件に数式を設定する