HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > ファイル操作と保存関連のテクニック > マクロを含むファイルを開くときにアプリケーションエラーが発生する

即効テクニック

ファイル操作と保存関連のテクニック

マクロを含むファイルを開くときにアプリケーションエラーが発生する

(Excel 97)
Excel97でマクロを含む以前のバージョンのファイルを開くと、ファイル名がVBAのプロジェクト名に設定されます。このプロジェクト名に使用される文字によってアプリケーションエラーが発生する場合があります。

 EXCELのページ違反です。
 モジュール:KERNEL32.DLL、アドレス:

●回避の仕方●
操作を行う前に、[マクロウィルスから保護する]チェックボックスがオンになっていることを確認してください。

  1. ファイルを開きます。
  2. マクロを含んでいることを知らせるダイアログボックスで[マクロを無効にする]ボタンを押します。
  3. [ツール]メニューの[マクロ]から[VisualBasicEditor]を選択します。
  4. [ツール]メニューの[ファイル名のプロパティ]を選択します。
  5. [プロジェクト名]ボックスのファイル名から".xls"を削除します。正しいプロジェクト名に変更します。
  6. [OK]を押してダイアログボックスを閉じます。
  7. [ファイル]メニューの[ファイル名の保存]を選択します。