HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > データベース関連のテクニック > セルに入力できる値や形式を制限する

セルに入力できる値や形式を制限する|Excel 一般

データベース関連のテクニック

セルに入力できる値や形式を制限する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010)

●概要●

セルに値を入力する際、数値や日付など値の種類や範囲を制限することができます。
「入力規則」を設定すれば誤った入力を制限する事ができるので入力ミスが少なくなります。

●詳細●

  1. 入力規則(制限)を設定したいセル範囲を選択します。
  2. 《Excel 2007、2010バージョン》
    [データ]タブ−[データの入力規則]−[データの入力規則]を選択します。
    《Excel 2003以前のバージョン》
    [データ(D)]−[入力規則(L)]を選択します。
  3. [データの入力規則]ダイアログボックスが表示されるので、[設定]タブで条件の設定をし、[入力時メッセージ]タブなどを入力します。
    ※正しい範囲などを[エラーメッセージ]で指定しておけば誤った入力をしたときにわかりやすいです。
  4. 入力規則を設定したセルに誤った値を入力するとエラーメッセージが表示されて、誤った値は入力ができなくなります。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
セルに入力できる値や形式を制限する