HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > セルとシートの操作関連のテクニック > シートの保護のパスワードを忘れてしまった場合の対処方法

シートの保護のパスワードを忘れてしまった場合の対処方法|Excel 一般

セルとシートの操作関連のテクニック

シートの保護のパスワードを忘れてしまった場合の対処方法

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016)

●概要●

パスワードを設定してシートの保護をしたものの、設定したパスワードを忘れてしまったため、編集が必要なときにも編集できなくなってしまって困ったなどという経験はありませんか?シートの保護が設定されていてもコピーは可能なので、新しいシートにコピーすることで編集は可能になります。

●詳細●

  1. 新しいシートを用意します。
    ※新しいシートを用意するときは、ショートカットキー([Shift]+[F11]キー)を利用すると効率的です。
  2. シートの保護が設定されているシートの[全セル選択]ボタン(列番号と行番号が交差している左上角の部分)をクリックし、シート全体を選択します。
  3. [Ctrl]+[c]キーを押してコピーし、キーを押してコピーし、手順(1)で用意した新しいシートに貼り付けます。
  4. 貼り付けられたシートにはシートの保護が設定されていないので、貼り付けられたデータを編集します。

●補足●

データを貼り付けた新しいシートにはシートの保護が設定されていません。シートの保護が必要な場合は、データを編集後、改めて設定します。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
シートの保護のパスワードを忘れたシートを編集する