HOME > 即効テクニック > Excel 一般 > ショートカットキー関連のテクニック > 独自のショートカットキーを設定する

独自のショートカットキーを設定する|Excel 一般

ショートカットキー関連のテクニック

独自のショートカットキーを設定する

(Excel 2000/2002/2003/2007/2010/2013)

●概要●

自分がよく使う機能にショートカットキーが割り当てられていない場合、クリック アクセス ツールバーに追加して、独自のショートカットキーを設定することができます。 今回は、「貼り付け」の[形式を選択して貼り付け(S)]−[値(V)]のショートカットキーを設定する方法をご紹介します。

●詳細●

《Excel 2007/2010/2013バージョン》

  1. [クイック アクセス ツール バー]上で右クリックして、[クイック アクセス ツールバーのユーザー設定(C)…] (Excel2007は[クイック アクセス ツール バーのカスタマイズ(C)...])を選択します。
  2. [Excelのオプション]ダイアログボックス−[クイック アクセス ツールバー] (Excel2007は[ユーザー設定]) の[コマンドの選択(C)]から[すべてのコマンド]を選択し、表示されたリストから[値の貼り付け]を選択して[追加(A)]ボタンをクリックします。

    ※画像はExcel2007バージョンです
  3. 右側のリストに[値の貼り付け]が追加されました。▲▼ボタンで[クイック アクセス ツール バー]に表示する順番を指定してください。
  4. [OK]ボタンをクリックします。[クイック アクセス ツール バー]に[値の貼り付け]ボタンが追加されています。
  5. [Alt]キーを押すと、[クイック アクセス ツール バー]上に数字が表示されます。 [形式を選択して貼り付け]ボタン上には[4]と表示されているので、[Alt]+[4]で実行できます

    ※画像はExcel2007バージョンです

《Excel 2003以前のバージョン》

  1. [ツール(T)]−[ユーザー設定(C)...]を選択するか、ツールバーの適当な場所で右クリックし、ショートカットメニューから[ユーザー設定(C)...]を選択します。
  2. 表示されたダイアログボックスで[ツールバー]タブを選択し、[新規作成(N)]ボタンを押し、ツールバーの名前を設定します。「ショートカットキー」などにすれば良いでしょう。
  3. 続いて[コマンド]タブを選択し、[分類(G)]ボックスから [編集]を選択します。
  4. [コマンド(D)]ボックスから、ツールバーボタンに追加したいコマンドを選択します。この例の場合では、[値の貼り付け]を選択します。
  5. 選択した[値の貼り付け]を、さきほど新規作成したツールバーの上にドラッグ&ドロップします。
  6. 追加された状態のボタンをクリック、[選択したボタンの編集(M)]ボタンを押し、詳細を設定します。[名前(N)]ボックスには、追加したコマンドの名前が表示されています。今回の例の場合には「値の貼り付け(&P)」となっており、「(&P)」の部分がショートカットキーを表しています。これを、他のキーと重複しないものに変更してください。さらに、[テキストのみ表示(T)]にチェックを入れます。
  7. [ユーザー設定]ダイアログを閉じてください。これ以後、[ショートカットキー]ツールバーを表示している間は、[Alt] + [P] キーの操作で値の貼り付けが実行できるようになります。

●補足●

紹介した方法は、ショートカットキーで操作をしたあとに[元に戻す]ボタンで操作を行う前に戻すことができます。しかし、マクロで簡単なプロシージャを作成し、それにショートカットキーを割り当てるという方法では、誤操作時に「元に戻す」ことができません。

aotenスナックテクニックは、わかりやすい動画で公開中!
独自のショートカットキーを設定する
独自のショートカットキーを設定する(2007以降)