HOME > 即効テクニック > AccessVBA > 日付・文字列操作・演算 > 7桁の郵便番号データの4桁目に「-」を追加する(Right/Left関数)

即効テクニック

日付・文字列操作・演算

7桁の郵便番号データの4桁目に「-」を追加する(Right/Left関数)

(Access 97)
郵便番号データにハイフンを入れて管理するかどうか迷うことがあります。
通常は7桁の数字だけをテーブルに保存することが多いですが、一覧印刷などのためにハイフンが欲しい場合もあります。
今回は郵便番号の4桁目に「-」を入れる関数を説明します。


● 準備 ●
新規標準モジュールを作成し、以下のプロシージャを記述して下さい。

● サンプル ●
'【引数説明】
'ZipCode    郵便番号
Public Function AddHyphen(ZipCode As String) As String
    Dim strLeft  As String
    Dim strRight As String

    '郵便番号の左3桁と右4桁を取得
    strLeft = Left(ZipCode, 3)
    strRight = Right(ZipCode, 4)

    '郵便番号とハイフンを結合
    AddHyphen = strLeft & "-" & strRight

End Function

'動作確認プロシージャ
Private Sub PyphenTest()
    Debug.Print AddHyphen("1234567")
End Sub

● 動作確認 ●
動作確認プロシージャ「PyphenTest」を実行し、イミディエイトウィンドウに「123-4567」と表示されていることを確認して下さい。


● 補足説明 ●
Accessに用意されている文字列操作関数の中でも、Left/Right関数は非常に使用頻度が高いものです。複数の関数を組み合わせることによって、様々な文字列操作が可能になりますので、是非これらの関数をマスターして下さい。