HOME > 即効テクニック > AccessVBA > 日付・文字列操作・演算 > テキスト型のデータを0埋めにする関数

即効テクニック

日付・文字列操作・演算

テキスト型のデータを0埋めにする関数

(Access 97)

● 概要 ●
Access97以降では数値型のフィールドの書式プロパティに「00000」を指定すると文字の左側を0で埋めることが出来ますが、テキスト型のデータでは同じようにしても0埋めにすることが出来ません。
そこで今回は、テキスト型のフィールドを0埋めにする関数を説明します。


● 準備 ●
新規標準モジュールを作成し、以下のプロシージャを記述します。


● サンプルコード ●
Public Function AddZeroString(Data As String, _
                              Length As Integer _
                             ) As String

    AddZeroString = Right(String(Length, "0") & Trim(Data), Length)

End Function

'動作確認用プロシージャ
Private Sub Test()
    Debug.Print AddZeroString("12", 6)
End Sub


● 動作確認 ●
動作確認用プロシージャを実行し、イミディエイトウィンドウに「000012」と表示されていることを確認して下さい。


● 詳細 ●
サンプルでは1行で処理を完了していますが、中は結構複雑な作業を行っています。まず、String関数で引数Lengthの長さの0梅の文字列を作成し、Trim関数で両端のスペースを取り除いた引数Dataの文字列と結合します。最後にRight関数でその結合文字列の右端から引数Lengthの数の文字を取り出し、0埋めの文字列を作成しています。