HOME > 即効テクニック > AccessVBA > フォーム・レポート > トグルボタンを使用する

即効テクニック

フォーム・レポート

トグルボタンを使用する

(Access 2000/2002/2003)
● 概要 ●
トグルボタンは、チェックボックスと同様に、「はい」と「いいえ」や「オン」と「オフ」など2つの状態を表現するために使用します。

トグルボタンはクリックするたびに、押されている状態と押されていない状態に切り替わります。この状態は、Valueプロパティで取得できます。押されている状態がTrue、押されていない状態がFalse、いずれでもない場合がNullです。Valueプロパティは、トグルボタンの既定のプロパティなので、明示的に指定しなくても値の取得と設定が可能です。
次のコードでは、トグルボタンのオン/オフによって、レコード抽出のオン/オフを切り替えるものです。


● サンプル ●
Private Sub Form_Load()
     'フォームを開くときに抽出条件を設定
    Me.Filter = "発送済み = False"
End Sub

Private Sub tgl抽出_Click()
     'トグルボタンがTrueのときに抽出実行
    Me.FilterOn = tgl抽出.Value
End Sub


● ポイント ●
フォームのFilterプロパティに設定した抽出条件は、FilterOnプロパティをTrueに設定したときに実行され、Falseに設定したときに解除されます。
したがって、FilterOnプロパティに[抽出]トグルボタンの値をそのまま代入すれば、抽出のオン/オフの切り替えができるわけです。