即効テクニック

ファイル操作・他アプリケーションとの連携

ブラウザを起動する

(Access 2000/2002)
● 概要 ●

構文  expression.HyperlinkAddress


設定項目        内容
expression      Accessオブジェクトを指定[省略不可]

HyperlinkAddressプロパティにURLを指定するとブラウザが起動できます。
次のコードは、「URLtbl」テーブルから「URLコード」が「00002」の「URL」
フィールドの値を取得して、HyperlinkAddressプロパティに設定しています。


● サンプル ●
'標準モジュールに記述してください
'ブラウザを起動する
'   「URLtbl」テーブルから[URLコード]を指定して検出したURLを参照する
Sub BrowserSample()
    Dim myURL As String
    myURL = DLookup("[URL]", "URLtbl", "[URLコード] = '00002'")
    Form_サンプル実行フォーム!コマンド1.HyperlinkAddress = myURL
End Sub


● 補足 ●
フォームのコマンドボタンから「BrowserSample」プロシージャを呼び出すには、フォームのデザイン画面でコマンドボタンを右クリックし、表示されたメニューから[イベントのビルド]コマンドを実行します。[ビルダの選択]ダイアログボックスが表示されたら、「コードビルダ」を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
コマンドボタンのイベントプロシージャが表示されたら、次のようにCallステートメントを使って「BrowserSample」プロシージャを呼び出します。

'フォームに配置したボタンのクリックイベントに記述してください
'ブラウザを起動するプロシージャを呼び出す
Private Sub コマンド1_Click()
    Call BrowserSample
End Sub