HOME > 即効テクニック > AccessVBA > ファイル操作・他アプリケーションとの連携 > 特殊フォルダ(Windowsフォルダなど)を取得する

即効テクニック

ファイル操作・他アプリケーションとの連携

特殊フォルダ(Windowsフォルダなど)を取得する

(Access 2000/2002)
● 概要 ●
構文    Object.GetSpecialFolder(SpecialFolder)


設定項目        内容
Object          FileSystemObjectオブジェクトを指定[省略不可]
SpecialFolder   取得するフォルダの種類を定数で指定[省略不可]


GetSpecialFolderメソッドは、Windowsフォルダ、Systemフォルダ、テンポラリフォルダを取得します。
引数には次の表の定数を指定します。


・引数に指定する定数
定数              値      内容
WindowsFolder     0       Windowsフォルダ
SystemFolder      1       Systemフォルダ
TemporaryFolder   2       テンポラリフォルダ。環境変数TMPより取得


サンプルは、Windowsフォルダ、Systemフォルダ、テンポラリフォルダを順に取得して、メッセージダイアログに表示しています。


● サンプル ●

'特殊フォルダ(Windowsフォルダなど)を取得する
'   [ツール]→[参照設定]で「Microsoft Scripting Runtime」をチェック

Sub Sample()
    Dim myFileSystem As New Scripting.FileSystemObject
    MsgBox "Windowsフォルダ: " & _
            myFileSystem.GetSpecialFolder(WindowsFolder)
    MsgBox "システムフォルダ: " & _
            myFileSystem.GetSpecialFolder(SystemFolder)
    MsgBox "テンポラリフォルダ: " & _
            myFileSystem.GetSpecialFolder(TemporaryFolder)
End Sub


● 補足 ●

FileSystemObjectオブジェクトは利用する前に参照設定を行う必要があります。
参照設定は、[ツール]メニューから[参照設定]コマンドを選択して[参照設定]ダイアログボックスを表示します。
ダイアログボックスが表示されたら、一覧から「Microsoft Scripting Runtime」をチェックして[OK]ボタンをクリックします。