HOME > 即効テクニック > AccessVBA > コントロール > オブジェクトを閉じる

即効テクニック

コントロール

オブジェクトを閉じる

(Access 2000/2002/2003)
●概要●
構文  expression.Close(ObjectType, ObjectName, Save)
設定項目内容
expression DoCmdオブジェクト[省略不可]
ObjectType 閉じるオブジェクトの種類をAcObjectTypeクラスの定数で指定 [省略可能]
ObjectName閉じるオブジェクトの名前を文字列式で指定[省略可能]
Save未保存のオブジェクトに対する処理をAcCloseSaveクラスの定数で 指定[省略可能]
開いているオブジェクトを閉じます。メニューから[ファイル]→[閉じる]コマンドを実行したときと同じ動作を行います。引数に閉じるオブジェクトの種類、名前を指定します。引数は、セットで指定します。引数を省略すると、アクティブになっているオブジェクトが閉じます。引数は、オブジェクトに加えられた変更を保存するかどうかを指定します。指定は「保存する」「保存しない」「ダイアログボックスで確認する」の3通りあります。引数を省略すると、acSavePromptを指定したこととなります。 ・引数に指定する定数(AcObjectTypeクラス) 定数       説明 acDefault     カレントオブジェクト(既定値) acDataAccessPage データアクセスページ acDiagram     ダイアグラム acForm      フォーム acMacro      マクロ acModule     モジュール acQuery      クエリ acReport     レポート acServerView   サーバービュー acStoredProcedure ストアドプロシージャ acTable      テーブル ・引数に指定する定数(AcCloseSaveクラス) 定数       説明 acSavePrompt   変更があったときのみ、変更を保存するかしないかの          確認ダイアログを表示する(既定値) acSaveNo     変更を保存しない acSaveYes     変更を保存する ●サンプル● Sub CloseSample() '[07]フォームを開いてから実行してください 'DoCmd.OpenForm "07" '[07]フォームを、変更があった場合のみ保存するかどうか確認して閉じる DoCmd.Close acForm, "07", acSavePrompt End Sub