即効テクニック

コントロール

フォームを開く

(Access 2000/2002/2003)
●概要●
構文  expression. OpenForm(FormName, View, FilterName, WhereCondition, 
			   DataMode, WindowMode, OpenArgs)

設定項目内容
expressionDoCmdオブジェクト[省略不可]
FormNameフォームの名前を文字列式で指定[省略不可]
ViewフォームのビューをAcFormViewクラスの定数で指定[省略可能]
FilterNameカレントデータベースのクエリの名前を文字列式で指定[省略可能]
WhereConditionSQL文のWHERE句を文字列式で指定[省略可能]
DataModeフォームの編集の可否をAcFormOpenDataModeクラスの定数で指定 [省略可能]
WindowModeフォームのウィンドウの形態をAcWindowModeクラスの定数で指定 [省略可能]
OpenArgsフォームのOpenArgsプロパティの値を文字列式で指定[省略可能]
引数に指定したフォームを開きます。引数は、フォームを開くときのビューの種類を指定します。引数で指定できる定数は、次のとおりです。 引数を省略すると、acNormalが指定されたこととなり、フォームビューが開きます。 ・引数に指定する定数(AcFormViewクラス)
定数説明
acNormalフォームビュー(既定値)
acDesignデザインビュー
acFormDSデータシートビュー
acPreview印刷プレビュー
acFormPivotChartピボットグラフビュー
acFormPivotTableピボットテーブルビュー
引数と引数には、抽出条件を指定します。 引数にはカレントデータベースのクエリ名を指定します。 引数には、条件としたいSQL文のWHERE句から、WHEREを除いた文字列を記述します。引数は、開いたフォームのデータモードを指定します。 省略すると、acFormPropertySettingsが指定されたこととなり、データの更新、削除、追加、既存データの表示について、AllowEditsプロパティ、AllowDeletionsプロパティ、AllowAdditionsプロパティ、DataEntryプロパティで設定されているモードで開きます。(デフォルトではすべてのデータの更新、削除、追加、表示が可になっています)引数を省略すると、acWindowNormalが指定されたこととなり、標準のウィンドウモードで開きます。 ・引数に指定する定数(AcFormOpenDataModeクラス)
定数説明acFormPropertySettingsAllowEditsプロパティ、AllowDeletionsプロパティ、AllowAdditionsプロパティ、DataEntryプロパティの設定値が適用される(デフォルトではすべてのデータの更新、削除、追加、表示が可)(既定値)
acFormAdd追加(新しいレコードの追加のみ許可、既存レコードは表示されない)
acFormEdit編集(既存レコードの編集/削除および新しいレコード の追加を許可)
acFormReadOnly読み取り専用
・引数に指定する定数(AcWindowModeクラス)
定数説明
acWindowNormal標準のウィンドウ(既定値)
acDialogダイアログ形式
acHidden非表示
acIcon最小化
●サンプル●
Sub OpenFormSample()
  '[書籍フォーム]を開く
    DoCmd.OpenForm "書籍フォーム" 
End Sub
●補足●
引数に指定した文字列は、開いたフォームのOpenArgsプロパティの値に代入されます。たとえば、このOpenAgesプロパティの値をFindRecordメソッドで利用すると、特定のレコードにカレントレコードを移動できます。