HOME > 即効テクニック > AccessVBA > コントロール > コントロールの値を取得する

即効テクニック

コントロール

コントロールの値を取得する

(Access 2000/2002/2003)
●概要●
構文  expression.Value 設定/取得

設定項目        内容
expression	CheckBox,ComboBox,ListBox,OptionButton,OputionGroup,TextBox,
		ToggleButtonオブジェクト[省略不可]

指定したオブジェクトの値や状態を取得、設定します。
テキストボックス、コンボボックスの場合、入力されたテキストを示します。リストボックス、オプショングループでは、どれが選択されているかを示します。チェックボックス、オプションボタン、トグルボタンの場合、選択されているかどうかを示します。
次のコードは、[設定]ボタンをクリックすることによって、フォーム上のコントロールのValueプロパティを設定するものです。
●サンプル●
'コントロールの値を取得する1
Private Sub cmd設定_Click()
    テキストボックス.Value = "あいうえお"
    コンボボックス.Value = "データ1"
    リストボックス.Value = "データ2"
    オプショングループ.Value = 2
    トグルボタン.Value = True
    オプションボタン.Value = True
    チェックボックス.Value = True
End Sub
●手順2●
Valueプロパティは、コントロールの既定のプロパティの値を示します。既定のプロパティとは、プロパティ名を省略しても、そのプロパティの値を取得/設定できるものです。上記のコード中の「.Value」はすべて省略しても、実行結果は同じです。
実験的に、フォーム上のコントロールのValueプロパティの値と、プロパティ名を省略した値を取得してみましょう。
●サンプル2●
'コントロールの値を取得する2
Private Sub cmdValue値取得_Click()
    Dim myStr As String
    myStr = "** Value値 **" & vbCr & vbCr
    myStr = myStr & テキストボックス.Value & vbCr
    myStr = myStr & コンボボックス.Value & vbCr
    myStr = myStr & リストボックス.Value & vbCr
    myStr = myStr & オプショングループ.Value & vbCr
    myStr = myStr & トグルボタン.Value & vbCr
    myStr = myStr & オプションボタン.Value & vbCr
    myStr = myStr & チェックボックス.Value
   'メッセージダイアログに表示
    MsgBox myStr
    myStr = テキストボックス.OldValue
End Sub

'コントロールの値を取得する3
Private Sub cmd既定値取得_Click()
    Dim myStr As String
    myStr = "** 既定値 **" & vbCr & vbCr
    myStr = myStr & テキストボックス & vbCr
    myStr = myStr & コンボボックス & vbCr
    myStr = myStr & リストボックス & vbCr
    myStr = myStr & オプショングループ & vbCr
    myStr = myStr & トグルボタン & vbCr
    myStr = myStr & オプションボタン & vbCr
    myStr = myStr & チェックボックス
   'メッセージダイアログに表示
    MsgBox myStr
End Sub
[Value値取得]ボタンをクリックしても、[既定値取得]ボタンをクリックしても、同じ値を取得できます。